Nonogatari

「時代劇」自信を持って好きだと言えるようになった。

2017.07.22

 

夏は毎年こんなに暑かったけか?と首をかしげながら、京都でしばらく撮影をしていました。

京都の太秦には松竹撮影所と東映撮影所がありますが、今年は両方の撮影所で、それぞれ時代劇の撮影に参加することができました。嬉しいことでした。

 

今回は東映撮影所でした。

今から9年前のこと。2008年。宝塚歌劇団で「蒲田行進曲」が原作の『銀ちゃんの恋』という作品(思い入れのある大好きな作品)に出演しましたが、そのお稽古中に、映画「蒲田行進曲」が撮影された東映撮影所にキャスト皆で見学に行ったことを思い出しました。殺陣を担当された菅原先生(白髪の気の良いおじさま)に案内していただき、階段落ちのシーンを撮った場所や俳優会館と呼ばれる楽屋を見学させてもらい、昔と変わらず脈々と受け継がれている時代劇の現場を見て、こういう世界があるのか、凄いな、カッコ良いなぁと、ただただ見惚れていました。
その景色の中に、今自分がいる。
不思議なことですがなぜか運命のようにも思えるのです。
 嵐電に乗ってのどかな車窓を眺めながら、毎日緊張の面持ちで撮影所に通う。
ひとつの集落のような、受け継がれてきた技術と伝統に溢れる現場。
威勢の良い関西弁が飛び交う。
私にとってはとても神聖で心地の良い場所です。
思うようにできなくて反省したり落ち込んだりする日ももちろんあるけれど、だからこそ、次はもっと頑張ろうと思えるし、時代劇に対しての向上心は尽きません。
 ある日のこと、撮影所でたまたま菅原先生にお会いでき、かたい握手を交わしました。9年前のことがふぁっと蘇ってきて熱いものが込み上げて来そうになりました。

 

ひとつひとつの経験を無駄にせぬよう、これからも精進したいと思います。

 

 

また放送が近くなりましたら、お知らせしますね。

 

 

Sumika

 

少し、さかのぼる話題ですが・・

2017.07.19

 

 

舞台『君が人生の時』を観に来てくださった、
いつも応援してくださっている皆様に、お葉書を送らせていただきました。

無事に届くと良いのですが。

せっかくですから「ののがたり」でも少し紹介してみようかと。

 

L1002854

出番前のキティです。楽屋にて。

何気ない写真を撮りたいと思って、私についてくださっていた衣装さんにお願いして撮ってもらいました。楽屋で撮ったようには見えないでしょう(笑)?なんだか影が良い具合に出てお気に入りの写真となりました。

お葉書でお送りしたものは、別の写真を使っています。

 

この作品で学んだものはとても大きかったなと、それから後の仕事現場で感じることが度々あります。

自分が演じる役でも、まず客観的に見つめること。
他人の役のようにプランを立ててゆくことが私には必要なのだと教えていただきました。

すぐ、のめり込み過ぎてしまうから。

・・・おっと、こういったお話しを始めるといつまでも書いてしまいそうなので、この辺りにしておきますね。

 

次回の出演作品は、ラジオドラマや時代劇など。
[News]をご覧になってみてください。
また詳しくお話しします。

 

 

 

Sumika

 

 

 

『君が人生の時』終了。

2017.07.04

 

おかげさまで、千秋楽を迎えることができました。

観に来てくださった皆様、
応援してくださった皆様、
本当にありがとうございました。

稽古中も公演中も、とにかくもがき苦しむ日々でしたが、それ以上に、劇場に足を運んでくださるお客様と共有できる空間に自分がいたこと、素晴らしいキャストとスタッフさんと一緒に舞台を創ることができたこと、何もかもが幸せだったんだんなぁと、今、静かに振り返っています。

演出の宮田さんとは、今回が初めてでしたが、一方的には宮田さんの作品を色々拝見していたし、とても厳しい方だという噂を聞いていたのでビクビクしていたのですが、稽古序盤から「あなた本当に気が強いわね!面白い!」と言われ、なぜかその一言でとても安心して宮田さんに飛び込むことができました。演者と同じ目線に立ち、その一歩先をさりげなく教えてくださる。今まで考えたことのなかった演技の方法を提案してくださったり、本番中も沢山のアドバイスで導いてくださいました。まるでお母さんのようで、ショックな出来事があった日には、すぐさま私の楽屋まで飛んできて抱きしめてくださいました。「これが世間というものなのよ。一つ経験ができたんだから良かったわね。」と。本当に私は世間知らずで守られた世界の中でただ悠々と生きてきてしまったんだなということに気づけたし、どんなことがあっても側で守ってくださる方の存在の有り難さにも気づけました。宮田さんにはとても感謝しています。

もちろん、宮田さんだけではなくキャストの皆さんにも本当に沢山のことを教えていただきました。尊敬すべき方ばかりでした。打ち上げでは『様々な個性を持った人たちが集まったのに、奇跡的に一つにまとまった』とのスタッフさんのご挨拶がありましたが、まさにその通りだなと。ウィリアム・サローヤンという作家の意志を汲み取りその世界を体現しようと、全員が集中して取り組めたこの時間はなんて素晴らしかったのだろうと。

すごく有意義な、自分にとって大切な時間でした。

 

IMG_2983 

沢山の素敵なお花を頂戴しました。

 

そして

IMG_2986

大切な方々が観に来てくださいました。
貫地谷しほりさん、佐藤めぐみさん、花組時代お世話になった上級生扇めぐむさん、同期の愛加あゆ、春花きらら、鳳真由、咲希あかね。
宝塚現役で頑張っている上級生や同期、下級生も沢山観に来てくれました。

 

 

なかなか公演中には写真を撮ったりする機会がなかったのですが、
唯一の衣装を着た写真があります。
トム役の橋本淳さん「ずっとやりたかったことがあるから一緒に写真撮ろう」と。どんなポーズ?と聞くと、「俺がトラック運転しているところ!」

舞台をご覧になった方にはきっと楽しんでいただける写真かと思います。

 

どうぞ(笑)↓

 

 

FullSizeRender

 

The Time of Your Life!!

 

 


 

 

さて、7月1日は宝塚を退団してちょうど5年でした。その節目の日に、自分が望んだ道を歩き、舞台に立っている。その姿を宝塚時代から応援してくださっていた方々が、変わらず見届けてくださっている。そして女優として歩き始めた私を知り応援してくださる方々も。その事にどれだけ感謝するべきか。凄いことです。

応援してくださる方にとっても、私にとっても、生きてゆく上で色々なことがあると思います。それでも、それぞれの道を歩きながらいつもどこかで皆さんと繋がっている感覚は、見えないようですが、きっととても太い糸なんです。その絆から、私は手を離しません。

そして、退団するまでの3年間、濃厚な時間を共にした相手役の大空ゆうひさんとも連絡を取り合いました。関係性は、当時と変わって来ているとは思います。二人で持つべき責任がなくなったことで、お互いが自由な世界に身を置いている。言いたいことを言い合う。それでも絶対変わらないものがあって、それは多分、信念。同じものを見つめ信じ合って過ごした時間はかけがえのないもので、今もどこかで信頼している。素敵なことです。いつかお茶をしようと言っていただきましたが、叶うだろうか・・よし、それは信念で叶える(笑)

 

 

それでは。

もう少し"ののがたり"更新して欲しいものですよねぇ。
私も同感です。

 

 

Sumika

 

 

 

 

キモノで表紙。念願叶ったり。

2017.06.23

 

嬉しいお知らせです。

 

月刊『茶の間』という雑誌の表紙、そしてインタビューが掲載されました。

IMG_2887

これは「宇治田原製茶場」が発行している雑誌で、年間購読のみのお取り扱いだそうです。一般に本屋さんでは手に入れられないそうなのですが、『茶の間』最新号プレゼントという素敵な企画がありますので、ご興味持ってくださった方はこちらからぜひ応募してみてくださいね。

 

IMG_1952

 

IMG_1968

綺麗に着付けていただいて、綺麗に髪型も作っていただいて、とても気分の良い撮影でした。

 

 

sumika

 

 

 

 

いよいよ。

2017.06.13

『君が人生の時』

いよいよです。

 

2年ぶりの舞台に胸が高鳴っているのか、ただの緊張なのか、よくわかりませんが、とにかく心臓の調子がいつもと違います。

観に来てくださるお客様に楽しんでいただけるよう、千秋楽まで全力で務めます。

 

Sumika