Nonogatari

誕生日。

2021.03.01

2月27日。
自分の誕生日は、何歳になっても嬉しいものです。

あぁ。34年も生きることができたのか!嬉しいなあ!
生まれてこれて良かったなあ!

と、毎年思えること。それがどんなに幸せなことか。
両親はじめ、家族、親族、友人、仲間、そしていつもこうして「ののがたり」を覗いてくださるみなさまに、あらためて感謝します。

 

昨年の2月頃から約一年。
目が回るような日々を、一年間続けてしまいました。
オンラインショップ、オンラインサロン、そして私に任せてくださるメディアでのお仕事。毎日自分に喝を入れながら、多少の無茶を乗り越えてきてしまいました。

周りのみなさんに迷惑をかけたり、たくさん支えてもらいながら、病気もせずに毎日やってこられました。

息子の保育園に送り出してからお迎えまでが自分の時間。
毎日あっという間だけど、少しずつ積み上げてこられたものがあるように思います。
それは・・・なんでしょう。

「待たない姿勢」・・・かな?

待っていても何も始まらない。
結局すべては自分次第で、どうとでも変化してしまうということをつくづく実感しています。自分が変われるかどうか。自分が成長できるかどうか。

「言い訳にすることは何もない」ということがわかりました。

そんな日々を過ごしています。

 

といいつつ、毎日お迎え時間ギリギリまでお仕事に追われ、髪を振り乱しゼーゼー言いながら保育園に猛ダッシュ(15分)する 姿は、つくづく呆れるばかりです(笑)

 


息子は1歳半になりました。
一歩外に出ると別人になり、誰もが唸る優等生ぶり。
いろんなことを理解していて、見透かされているような気になります。
しかし家に入ったとたんに、私の足にまとわりついて、一歩も離れない。
ちょっとでも私の姿が見えなくなると、この世の終わりのように泣き叫ぶ今日この頃。
そして夜は寝なくてもやっていけるタイプ・・・。

聞くところによると、私の子供の頃もまったく同じような感じだったと・・。
これは自分の過去を見ているのかと、毎日驚愕しています(笑)

 

なにがともあれ、少しは地に足をつけて、でも上半身は軽やかに風にたなびくように生きたいなと思います。

 

みなさま、いつもありがとうございます!

 

 

運良く息子がお昼寝をしてくれたので、束の間の至福の時間を過ごしました。

 

 

 

すみ花