Nonogatari

始動。

2020.09.08

 

9月。まだまだ夏であってほしいと思う今日この頃。

半袖で汗をかきながら、サンダルを履いて、まだまだ身軽に動いていたいのになぁ。

 

保育園のお迎え時間はいつも変わらないから、日に日に、太陽が沈むのが早くなって行くのがわかる。なんだか寂しい。ベビーカーを押しながら、二人で同じ風に吹かれる。

息子は迎えに行くごとに、目に見えて大きくなって帰ってくる。
表情が増えている。昨日3歩あるけたと喜んでいたら、今日は10歩あるいた。
自分が立っていることに感動し、歩いていることに感激し、母の私のところまで辿りつけたことに大興奮する。毎日が素晴らしい。

 

私の身体の中から出てきた小さな人間が、少しずつ、一人の人間になって行く。

私たちは違う人間同志なんだと自覚しはじめる母と子。

絆が深まる父と子。

共に闘い助け合う父と母。

家族の形が刻々と変わっていく。

 

日常がありふれたものではないことを教えてくれる。

 

 


 

そんな中、9月5日。オンラインサロンが本格的に始動しました。
入学式。そうアナウンスして、ドキドキワクワクしながら迎えた当日。
入学式の「学」は「SUMIRE」と読んで『ニューSUMIRE式』といいます!

・・そんな無茶な笑!ときっとみんな思いながら、それでもめいっぱい楽しもうとしてくださる様子に、こちらが胸を打たれました。

リモートのミーティングは、これまでたくさんの人と何度も重ねてきて、ある程度は色々理解しているはずだったのに、こういう日に限ってリモート大ハプニングを続出させてしまうのは、いったいなんなのでしょう!

ズッコケにもほどがあるニューSUMIRE式でしたが、本当にあたたかく、かけがえのない時間となりました。

 

 

先日ふとつけたテレビで聴いた言葉。
千利休の教えで『一座建立』(いちざこんりゅう)という言葉があると。
亭主はできる限りのことをして客を楽しませようとする。そして客も同じように、その時間を心から楽しもうとする。その二つの心が通じ合うことによって、本当に佳い時間が生まれるのだと。

簡単なようで難しく、でもとても大事なこと。
それがエンターテイメントの軸なのだと思いました。

 

SUMIREの中でもそれが実現できる。そう確信を持って準備を進めてきました。

 

画面越しにメンバーのみなさんのお顔を見て、その確信は間違っていなかったなと。

 

大事な仲間に恵まれました。

 


そして、今こうしてののがたりを読んでくださっているみなさんのことも、私は本当に大事に思います。

 

ありがとうございます。

 

本当の意味で心が繋がることが、安心できることなのではないかなと思います。
よりどころになるような場所を作りたいです。

 

 

といいつつ、これからも山あり谷あり、いろいろな時期が’あると思いますが、どんな時も愉しく、そして真剣に生きたいと思います。

 

 

横断幕はわざわざ文字を反転して印刷したのに、結局みんなに反転したまま映っていたり(笑)、記念の日なのでと一生懸命選んだお花も飾り忘れたりと(笑)色々ありましたが、今の気持ちがきっと初心なのだと思います。忘れないようにしたいです。

 

すみ花