Nonogatari

ありがとうございます。

2018.03.04


誕生日、そして結婚のご報告をしてから数日が経ち、やっと、落ち着いて文章を書く態勢ができました。

 

あたたかい祝福のメッセージをくださったみなさま、お心のこもったお手紙や素敵なお品を贈ってくださったみなさま、本当に本当にありがとうございました。


これまで生きてきた中で一番、自分に向けて注目が集まった日だったと思います。
持っている携帯電話は鳴り止まず、まるで宇宙と交信しているかのよう。
この人も!あぁこの人からも連絡をいただいてしまっている!
自分の口から発表したことのはずなのに、一体何がどうなっているんだ!?と、あわあわしてしまいました。

それだけ、大きな出来事なのだなと、実感しました。

 

宝塚の同期からは、「驚愕!」「びっくりしすぎた」という言葉をもらいました(笑)
私はどうやら、結婚などそういうことに全く興味がないように見えてみたいです。
そう思われること、自分でも理解できますもの・・・。

 

宝塚時代の上級生、下級生、先生方からも沢山祝福のメッセージをいただきました。

 

ファンの方の中には、[大空ゆうひさんと野々すみ花のコンビ] を愛してくださっていた方もいらっしゃることと思います。「複雑、寂しい」という言葉を目にしたり耳にしたりもしました。5年以上たった今もそのような感情を持ってくださるのは、本当に有難いことです。
ゆうひさんには、あたたかいお言葉をいただきました。
私たちは3年間を共に過ごし、全てを懸けて向き合って来ました。どんなことも分かち合って来ました。その経験があるからこそ、「誰かと共に生きること」についての苦しみや喜びがどれだけ尊いものか、あらためて確認しあえた気がします。

 

 

当日は朝から『鳴門秘帖』の撮影があったのですが、その時は撮影現場が林の中。自然のパワー溢れる場所で、スタッフの皆さん、共演者の皆さんにお祝いしていただきました。

とっても綺麗なお花。

そして衣装部さんからは・・・

 

カイロに、メッセージが!!(笑)
とっても嬉しかった。

 

 

そして、映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』の皆さんからは

事務所に素敵なお花を届けてくださいました。

 

私に関わってくださる皆さんのあたたかさが身に沁みました。

 

引き続き、撮影に勤しむ毎日。気合を入れて望みます!

 

 

すみ花